CampanulateCorolla

Der Traum Des Schafes

2014.11.24 Monday スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< genius bar行きの顛末 | main | mac OS 10.9 設定しなおし >>

2013.05.22 Wednesday Retina「スペースを拡大」モードでアプリ使うと色々画面がぼける

あんまり時間がないので走り書き。

Macbook Proの15インチ、標準解像度が2880 x 1800pxのディスプレイでアイコンを描いています。

このディスプレイ、普段はドットを全く意識しない美しい画面を楽しめますが、
ドットワークのアイコンを描くと、ピッチが小さすぎてとても見えません。

だいたい、Retinaの4ドットで普通のディスプレイの1ドットくらいに考えてちょうど良いくらい。

そんなわけで基本的にはPhotoshopで200%以上に拡大しつつアイコンを描き、
見た目確認はVMwareに入れているWindowsの解像度をMac側の半分に落として確認します。


ただし、今日気づいたのですがRetinaのディスプレイの解像度設定を高くしていると
アプリの方で勝手に影響を受けてしまって、きちんとドットが表示されないようです。
そんなわけで、一応メモ。


1)作業期間だけ、Macの設定を「Retinaディスプレイに最適」に変更
(画面の通り「最適」にチェックでも同じ設定)


2)VMwareに入っているWindows7はディスプレイの解像度を1440 x 900に設定。


表示領域が4分の1になるので相当手狭ですが、ドットは綺麗に表示されます。
どうも、今のところアイコン描いてる間は狭いのを我慢しないといけないみたい。
残念。
WebDesign and more. | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2014.11.24 Monday スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://campanula.jugem.jp/trackback/425
この記事に対するトラックバック
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>