CampanulateCorolla

Der Traum Des Schafes

2014.11.24 Monday スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

2006.03.11 Saturday 万年筆(LAMY safari)

スケルトン
ステーショナリには目がないのです。

万年筆を買いました。
LAMYのsafari。

小学校の頃父にねだって買って貰った万年筆と同じものです。

先日その買って貰った古い方を引っ張り出してみたら、
十年以上使ってなかったのに全く変わっていませんでした。
すでに昔使っていた替えのカートリッジは手元にないので、
今度はコンバーター(インクを吸入する機械)を新しく買って、やっと復活。
店にはカートリッジも売ってるけど、インクを詰め替える方が楽。
久々に使ってみると、指先の当たる部分がそぎ落としたようにデザインされているので、持ったときあつらえたようにしっくり来ます。
こどもの手でも持てる。

なんかね。
万年筆で書かなくなった理由を考えてみたら、学校変わった時
鉛筆しかだめって言われたので封印しちゃったのです。
なんで鉛筆限定だったんだろう。
書きやすい筆記具なのに、放って置いたのがちょっと惜しい。

お店でいくつかのメーカーのを見たのですが、結局LAMYが一番好みでした。
ペン先は店のお姉さんが「LAMYは割と個体差があるので」と試し書きを勧めてくれたんですが、EF(極細)がボールペンくらいの太さで手帳にも書きやすい感じでした。
これもコンバーターを買って、先日手に入れたチェリーレッドの香り付きインクを詰めて持ち歩いてます。
もともと持っていた方には、昔使ってたブルーブラックのインクがしつこく残っていたので黒インク。

それにしてもsafari、15年経ってもほぼデザインが変わってない。
LAMY2000ってシリーズなんて、1966年にデザインされて40年変わっていないとか。
safariを新旧比べてみるとペン軸の中の空気逃がす穴が出来ていたりして、構造的には改良されてるみたい。

素敵なメーカーです。
他にもAL-starとstudio、2000が欲しいなぁ。
何本も持つ目的はというと、それぞれに違う色のインク入れて持ち歩くのです。
中で一番書き味のいいのを黒にして。


ペン先はM(中)
年季の入った方のサファリ。
上のスケルトンだとわかりにくいけど、持ち手の部分がシャープで綺麗なラインなの。


ちなみにこれ、面白いくらい簡単にペン先が外れる構造になってて修理しやすそうです。
しかしキャップの上部の十字の溝はくるくる回しても取れませんでした。
10円玉で回るのでこども心をそそるのに。
(手持ちの文具はほぼ分解済み…)
ほしいもの | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

2006.03.08 Wednesday かめ

やっぱりピンク
かめさんきた。


CLOVERがバレンタインのお返しに貰ったと言うかめ。
あんまり可愛かったので買ってしまいました。
尻をつつくと歩きます。
これくれたおじさまのセンス、楽しいなあ。

ピンク色のノーマルな奴なので、携帯用のシールで模様つけてみた。

さくら模様
のたのた。


このかめの甲羅にはお子さまの誤飲防止のため苦味加工が施されているとのこと(笑)
こんどなめてみる。
ほしいもの | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

2006.02.27 Monday 万年筆

 
万年筆が欲しいのです。

役所の書類とか、万年筆で書いちゃダメとか言われるけど。
インクが水性だからかな…。

母が昔から持っているモンブランの万年筆が憧れなのです。
ちゃんと書き味を試して、出来るだけ繊細な線の出るペン先の
ものを選んで購入したそうな。

こどもの頃は安くて使い潰してもいいやつを持ってたけど、
大人になったから私も欲しい。
 
ほしいもの | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>